その他

創業の想い

作業療法士として、病院・特別養護老人ホーム・デイサービスにてリハビリテーションを提供する中で、もっと介護・予防分野で力になれることがあるのではないかと考えるようになりました。
一人では、多くの方に対して適切なサービスの提供は行えませんが、介護職・看護師等、多職種と連携することでリハビリテーションを必要としている方のニーズ・QOLを高める、サービスの提供が出来ると考えました。
また、「自分が入りたい」「家族に利用してもらいたい」と思えるサービスの提供が出来る施設を一から創りたいという想いも年々強くなってきたことに加え、介護分野で仕事をするうちに、介護職の方がもっと認知され、評価される仕事なのではないかという想いも強くなりました
介護業界が、正しく認知されたり、評価されていない理由としては、未経験・無資格で働く人が多いにも関わらず、マンパワー不足などを背景に学ぶ機会が十分に用意されていない事が問題点の一つではないのかと考えました。
そこで、社員の方も私も共に学び成長できる会社を作り「自分が利用したい」「家族に利用してもらいたい」と思う施設を追求することで、友人・知人に胸を張って言える職業(業界)にしていきたいと想い創業を決意しました。

 

シェアする